厳冬・・絶景富士山


富士五湖の一つ、山中湖はワカサギ釣りと富士山を撮るカメラマンで早朝から賑わっていました。
1月8日早朝の気温は氷点下16度・・午前5時頃から明け方の富士山を撮り始める。

それにしても寒い。カメラのレンズフードに怪しげな白い結晶がついている。これは初めての経験!

湖面から朝霧がゆらりゆらり・・幻想的な光景が広がっている。。湖面に目を向けるといたるところ
薄く凍結している。

そして東の空が少し明るみだした頃、

富士山頂が少し赤く色づき始める・・秀麗な富士山の  ”紅富士” のスタート。 寒さを必死で堪え
早朝の富士山の雄姿をカメラに収めました。

翌日1月9日早朝の気温は氷点下13度、この日は”紅富士”の現象は出ず、日中人馴れした白鳥をカメラ
に撮って遊ぶ。


午前6時15分の富士山・・湖面が薄く凍っています。

富士山の”紅富士”の雄姿






1月9日湖畔の風景です。 湖面の氷に前夜の寒さを思い出します。


風も無く穏やかな山中湖・逆さ富士が綺麗に見えました。


富士山頂・・・登山道が良く見えます。


ワカサギ釣りのボートの近くに白鳥が遊びに寄って来ました!


前日(1月8日)湖面を覆っていた氷も解けてハクチョウたちも気持ち良さそうに寄って来ました。
ホワイトバランスを変えて撮って見ました。










 戻る
 次へ