・・残雪と芽吹きの里山風景・・ Part 1

  今年のゴールデンウイークは残雪と芽吹きが始まった越後路を散策
  コースは「中子の桜、龍ケ窪、美人林、松代の棚田、じょんのびの里」
車中泊や農家民宿へ泊まり5日間の撮影です。
  

撮影 2015年5月


中子の桜(津南町)、ここは霧が発生した頃が撮影チャンスらしい
霧の中に浮かぶ桜をイメージしたが霧は発生せず残念!



20時頃までライトアップされたのでホワイトバランスを
いろいろ変えながら撮ってみました。



ミズバショウ

龍ケ窪(津南町)、水芭蕉が見えるかな〜と思い残雪の森の中へ入り込む
沢の近くに咲き始めの水芭蕉を見つけるも雪が多く危険を感じたので数枚撮って撤収



儀明の棚田(松代地区)

二本の桜が水面に映り込む情景を撮りたかったが行った時期が遅かった様だ。



 土筆

 周りの雑草が朝露に濡れていた中で見つけ
 絞り開放・・玉ボケが綺麗に”つくし”を引き立てる??


かたくりの花

星峠の棚田撮影ポイントに咲いていた”かたくり”ここで始めて白いカタクリを見つけるも
無残にも踏まれ萎れていた。



星峠の棚田(松代地区)

午前4時40分頃・・日出直前、棚田の水面が輝き出す




午前4時50分、”日出”、残雪で冷やされた棚田から霧が発生
早朝の棚田の情景に感激!気が付けば周りには大勢のカメラマンが
シャッターを切っていた。






BACK (旅のアルバム)